使用パーツは要注意

ウォッチ

どこも一緒ではありません

世界的な時計ブランドとして長きに渡り、トップブランドを守り続けているのが、ロレックスです。高い防水性能のモデルや自動巻き技術など先進性の高い技術を次々と世に送り出し、時計業界を牽引し続けています。そのロレックスの時計を長く丁寧に使う為のコツと言えるのが、定期的なオーバーホールの実施です。故障している場合はもちろんですが、仮に故障をしていなくても、定期的に洗浄、注油、研磨をかける事で見た目にもキレイかつ安定したパフォーマンスを発揮する事が出来ます。なお、売却をする際にもオーバーホールをしているか否かは買取料金に大きく影響してくるので、売却、買い替えを検討している方も注意をしましょう。ロレックスのオーバーホールの料金が安い業者を見つける際にチェックすると良いのが、どの様なパーツを使用しているかと言う点です。ロレックスをオーバーホールする場合、パーツ1つ1つを分解し丁寧に清掃をし、必要に応じてパーツを交換すると言う手順を踏みます。このパーツを交換する際に純正のパーツを使用するか、非純正のパーツを使用するかで料金は大きく変わって来ます。その為、とにかく、安く済ませたい方は修理の腕が確かで、リーズナブルな非純正パーツを使用している業者を選ぶのが良いと言えるでしょう。なお、正規店以外で修理を出す際に注意したいのが、一部、修理対象外となる古いモデルが存在するケースがあるので注意しましょう。この様にロレックスのオーバーホールは業者選定によってオーバーホール料金そのものに差が出て来る場合もありますし、オーバーホールをどの程度の頻度で行なっているかも重要になります。